その1「電磁波と静電気それにオバケ」

7月から8月にかけて必ずこの商品に関するお問合せと注文が増えます。

 

ニルバーナの仕組みは、簡単に云って

オルゴン治療器とアースの組み合わせです。

 

アースについて

アースとはコンセントの日本の住宅事情で3Pコンセントは少ないですよね

電池やバッテリーとは性質は違うものの交流電源にも、「コールド」と「ホット」という極性が存在ます。

ご家庭にあるものは通常2Pコンセントだと思いますが、

「ホット」がビリビリッ!とくる方です。

「コールド」=アース側となります。

 

それを知るには、鉄の棒を突っ込む(✖)←【※感電死しますからご注意】

それを知るには、「検電ドライバー」というものがあって「コールド」と「ホット」を知ることができます。

 

めんどくさいですし、分っていてもコンセントに、

ドライバー突っ込むなんて怖いでしすよね^^

 

だから「ニルバーナ」は、プラグインアースを使って

その怖い検電方法をカットしております。

差し込むだけでピピッと自動検知して

そのままオルゴンセット本体のコードをINして設定完了です。

 

オルゴン治療器ってなんなの?

オルゴンエネルギーは波動粒子で、

「オルゴン」「プラーナ」「氣」は、同じエネルギーと言われています。

オルゴンボックスは有機物と無機物を層にしたものです。

【有機物がオルゴンを吸収】

【無機物がオルゴンを放出する】と考えます。

このふたつの性質の組み合わせの順序により

オルゴンを吸着する時と、吐き出す時があると、

 

ウィルヘルム・ライヒという精神分析家は考えていました。

 

慢性の持病がある人や、治療院の施術用に

開発されたオルゴン吸収器

昔はタライに水を張ってそこに繋いだ線を入れて流すということ

ただその流し込んだ水はどこに行くのか?

はたまた流し台から排水溝を伝って、川に流れ、蒸気化して

人が吸い込んでしまうとかいろいろな事が想像できますが

あまりいい感じがしません。そして完ぺきではありません。

 

それを電灯線のアースを使うという方法で解決しました。

邪気を吸収し、アースを伝って放出するという画期的なシステムなのですが、

これを【空間用】として使えるように開発したのが「ニルバーナ」なのです。

ニルバーナページ記載しています。

ニルバーナページ

 

では、アースに通した邪気などはどこに行くのか・・・

つづく