女性に責任の所在を求めてはだめ

「どうするんだよこれ」

女性の部下やスタッフにこんなこと言っては絶対ダメです。

 

女性は自分の責任であったとしても、認めたくないし、そこに至るまでには原因が存在するのです。

だから一括りに、責任を押し付けるのは逆効果・・・

 

まずはどう対処するか考えて、問題を解決すれば誰も不幸にはなりません。

 

解決した後に、ほとんどのことでは「ごめんなさい」がでてくるので順番を焦らずに

まずは問題を解決しましょう。

 

 

さて、なぜこのような入り方をしたかというと

 

ネガティブって暗いとか

 

ネガティブってダメダメ!!とか

 

ネガティブって良くない・・・とか

 

思ってたりしませんか?

 

 

実はネガティブというのはエネルギーを作り出す原動力ともいえます。

 

上記の「女性に責任の所在を求めてはだめ」は

 

落ちている精神状態を、さらに落とし込むことになるからです。

 

でも、ちゃんと向き合って対処すれば、あるいは導いてあげることができれば

 

新たな活性エネルギーへと変わっていきます。

 

 

所詮、ポジティブというのは消費です。

 

「元気ですかーーーー!!!」

「よし、こい!」「行くぞーおっりゃあぁぁ・・・」とか

 

動くときのエネルギー消費にしか過ぎません。

 

「すごく楽しい~~~~」

「これやっているときが幸せ」

 

って、全部消費じゃないですか?

創造するときも、エネルギーを消費している訳です。

 

 

自分は沢山、友達作りたいよーっと思ったらエネルギーを消費すればいいんです。

ポジティブに考え、友だちになりたい人に近づいていくエネルギーは、

その瞬間は地球2周分くらいに思える人もいるんじゃないでしょうか?

相手のことを知って、相手の喜ぶこと、一緒に居て楽しいことを考えたり

実行したり、全てエネルギーの消費です。

 

だからエネルギーを作る時間も必要なんです。

 

反省とか「あああ、こうすれば良かった・・・」

「あたしってなんておバカなんだろう・・・」って

至って真剣に考える時間です。

「死んでしまおう」とか

「本当に死にたいと思ったときがある」と

考えた人(特に女性)の割合は、

私が出会った中でも50人は居たと思います。

 

でもいつか立ち直って、今があるんですよね?

 

そこがすごい!

 

だって「女々しいとは男のためにある言葉よ」って

なんかのセリフが頭の中を巡っていますからねw

そんなことは置いておいて・・・

 

だから消費するエネルギーを蓄える

ネガティブの在り方も考えてみてはいかがでしょうか・・・

 

所詮、ポジティブは消費なのです。