周波数がぶつかるってどんな現象?

お問い合わせで多いのが、MM3とシューマンINSPIREを同時に持っていても

お互いの周波数がぶつからないでしょうか?影響ないでしょうか?

 

という質問が結構きます。

 

私が普段使っているポーチです。

3つのポケットがあって

内側になる方にMM3(フェイス面を自分に向けます)を入れ

外側にシューマンINSPIRE(どちら向けもOK)を入れてます

真ん中にフラクタルセッションカードなどが入ります。

便利でしょう^^

これはMM3もシューマンも両方入れて持ち歩けるので本当に便利です。

おすすめ=Amazonで購入(←クリック)できます。

例えば電波で考えてみましょうか。

 

NHKとTBSの周波数は以下のようになります。

==============

NHK総合東京 :557MHz

TBS :527MHz

==============

TBSを観ているのにNHKの番組が混線したことってありますか?

たぶんないですよね。

 

これ以上説明のしようがないんです。。。

おそらく目に見えないほど、感じられないほどの干渉は在るのかと思います。

※周波数を階段と例えたのなら

1段が1Hz、

3段が3Hz、

10段が10Hz・・・・

考えて頂けると判りやすいです。

そう考えて頂ければ、「ぶつかる」というふうに考えることはクリアーになったのではないでしょうか???

 

これから皆さんとも勉強していきたいのが【周波数による治療法】です。

ガンは細胞の突然変異であり、抗癌剤の投薬で必ずしも治るものではありません。

長い間、投薬でガンと闘っている方にとって、お医者様の言うことは絶対!とすがる想いはとてもよく理解しています。

皮肉にもガン細胞というのは自分の身体の一部です。

一体、なにをもって闘病というのか、癌は警鐘だと思うのです。

長い間、闘病しているということは、治癒力指数がかなり高い方だと思います。

どう判断するか、そしてその判断には責任が伴います。

過去のブログ記事にも書きましたが、自分で決める・・・それに尽きるのではないかと思ってます。

 

 

周波数によって身体の一定の箇所に、何Hzが効果があるなど、すでに確立されています。

今後、何らかのカタチでご紹介していきます。

 

シューマンINSPIRE

MM3

Oracle528

テラヘルツヒーラー

なども周波数を活かした例えば「波動が出ています」というような曖昧な表現でなくても

実際、「何か感じる」ものが周波数であり、目安とすれば納得できなくても理解することは容易です。

【波動を数値化したもの】と捉えて頂ければ解りやすいかと思います。

 

ただ、巷の「テラヘルツ商品」というのがテラヘルツ波=量子波で

「量子波を浴びることにより【テラヘルツ】の恩恵を受けられる」という

よく解らない説明の商品があります。

 

テラヘルツというのが、量子学で解明された「奇跡のエネルギー」というのは可笑しい気がしてなりません。

テラヘルツ波=THz(周波数帯)です。

照射したからそこからテラヘルツ周波数が発生しているというのは

例えば・・・熱を加えたから、熱がしばらくその物質に滞在しているということに過ぎませんよね。

そう考えると半永久的にその物質に滞在しているとも考えられません。

 

ただポジティブに考えれば、それをどう活かすかなので、否定はしません。