初公開 Passive Ge Pendant ST(Standard)

絶対的形状、完成形幾何学模様である

「メタトロンキューブ」モチーフのパッシブGeペンダント

 

そのスタンダード版が完成しましたので

ブログを読んで頂いている方にお見せしちゃいます。

 

パッシブGeペンダントが完成するまで、

いくつもの試作を作り、作っては改良の繰り返しで、やっと

スタッフ全員が納得するものに辿り着いたのが、メタトロンキューブ型でした。

そこまでの道のりはというと・・・

メタトロンキューブの特性である、

入り組んだ形状と、重ねるにあたり、

順番が異なると、エネルギー伝達が、

まるで変わってきてしまうことから、

パッシブGeペンダントを機械だけで作るのは困難でした。

立体形状にしても、浮き出てこないことには単なるペンダントです。

完成形を目指すことから、こんな些細なことも妥協できずにいました。

 

そこで、そんなこだわりを持った以上、

人の手、

繊細な芸術家の力が必要となり、

彫金工房デザイナーによるハンドメイドで完成したのです。

デザイナーによるハンドメイドですから、当然高価なものになります。

でも、本当の目的は、「ただ気づいた人が、行きつく先」ではなく

真の目的は・・・

光エネルギーを利用した浄化の「ホメオパシーペンダント」

ラジオニクス技術の波動エネルギー浄化の「Roots(ルーツ)」

この2つのパワーを兼ね備えるアイテムを目指していたのです。

 

スタッフとも話し合い、パッシブGeペンダントには

メタトロンキューブの形状が不可欠。それ以上のものはない・・・という意見で一致していたのです。

でもなんとか払拭したくて

「そんなこだわりなんか捨てちゃえばいいんだよ」と言ってしまって、ハッと気づきました。

実は、自分でもそう思い込んでいたんです。

 

もっと自由な発想で、

パッシブGeペンダントのデバイスの効果などを

感じてもらうためにどうするか・・・

そこを重点的に考え開発を進めると

いままで「これでなくてはダメだ」という考えから解放され、

それからたくさんのアイディアが生まれ

 

ちゃんとテストも繰り返して

そして選んだ2つのデザインでリリースが決定しました。

 

メタトロンキューブ型をフラッグシップモデルとするなら

下記の2個は、デバイス効果を活かした、ちょっと小さめの5/8サイズ

パッシブGeペンダント【スタンダード版】

お値段もフラッグシップモデルの半分ほどで提供できるかと思います。

 

 

詳細はこちらから