ニルバーナ(ニルヴァーナ)の実験 その3

先日、あれ?と思うことがありました。誰も入っていないオフィスの男性側トイレから“ジャラジャラジャラ~”と、水の流れる音が聞こえてきました。犯人はこいつでした。

「トイレの音消し ECOメロディ」が鳴リ始めたのでした。その日、オフィスには私を含めて5人。みんな席についていて、思い返せば30分は確実に、誰もトイレには行ってないのです。5分ぐらい経って、なにげなくトイレに向かいストップボタンを押して席に戻りました。

008

2日後の土曜日、この日は私しか出勤しておらず、鍵を開けて入ると、トイレの方から“ジャラジャラジャラ~”と、水の流れる音。さすがに気味が悪くなりましたが、ストップボタンを押して、早速トイレがある方に向けてニルバーナのスイッチON。

009

ダブルで行うと即効性があります。

主に緊急時、トイレ、洗面台やキッチンなど、水回りに設置すると良いです。

010

ニルバーナは、プラグインアースに繋ぐのですが、ソケットが2個付いているので、2本差しができます。2本だとより強力なので、ONした瞬間から鼻の通りが良くなり、頭もサワサワサワ~~と炭酸飲料になったみたいでスッキリして視界もよりクリアになります。即効性も確実にあるかと思います。

011

いま自分の部屋(1DK)に設置して実験しているのは1つですが、ダブルの場合はより強力なので、人の出入りが多い仕事場や、一戸建や部屋数が多いマンションなどはリビングなど家族の集まる場や、おかしいな?と思う部屋や、水回りの近くにあるダイニング・キッチンなどが良いかもしれません。

出張先のビジネスホテルでは、たまに嫌な感じを覚えたりすると、額縁の裏を覗くようにしていますが、これは感覚の問題なので、ホテル側からしてみれば部屋での事故がない限りは、なにも問題にはしないと思います。しかし無数の人が使う部屋でもあり、人が持つ念の力や、その人が持っている何かしらのストーリーや、業のものもあるかと思います。

ここは古い都の地ですから写っちゃうのは仕方ないかな?

012

「なんか変かな?」と思うときは、突然、目が覚めたり、バスタブの方に意識が行ったりします。「パキッ」とラップ音が響くときもありますが、今までは存在を意識しつつ、部屋にいるときは、ある意味、そこのメインに対して部屋を使わせて頂くことへの理(ことわり)を立て、自分からは危害を加えないことを、念じて過ごすようにしていました。厄介なのは、主たるものに関係している、ちょっとやんちゃな従兄弟の又従兄弟みたいなもの達や、通り道となっている場合に、集まってきたもの達です。自分が人と接して、連れてきた場合もあるかと思います。

ここで述べたように、言うほどそんなに難しくは考えていないですが、説明するとどうしても話が硬くなってしまいますよね。人間社会で生活している以上、仕方のないことなのでしょう。

そろそろセット内容が決まってきました。ビジネスホテルでの成果も分かりましたし、できれば持ち歩きできて、ホーム以外でも使えるようなセットで企画を進めていきたいと思ってます。

次回に続く…

ニルバーナ(ニルヴァーナ)の実験 その1

ニルバーナ(ニルヴァーナ)の実験 その2

ニルバーナ(ニルヴァーナ)の実験 その3

ニルバーナ(ニルヴァーナ)の実験 その4

ニルバーナ(ニルヴァーナ)の実験 その5

ニルバーナページ→Now

5 Comments

  1. Pingback: ニルバーナ(ニルヴァーナ)の実験 その2

  2. Pingback: ニルバーナ(ニルヴァーナ)の実験 その1

  3. Pingback: ニルバーナ(ニルヴァーナ)の実験 その4

  4. Pingback: ニルバーナ(ニルヴァーナ)の実験 その5

  5. Pingback: ニルバーナ(ニルヴァーナ)の実験 その1 – Spiritual MOTHERS

Comments are closed.