初心に返ると覚悟の話

コンテンツ制作や、商品開発以外での残業をしたのは久しぶりです。

先月より岩永君が、ヒーラー・セラピストとして独立することになったため

既存の作業なども元通り、自分がやっているのですが、

昼間は他のスタッフが作業を行いますがお子さんがいるため

ショップですから、ご注文の出荷作業を優先してもらってます。

店長としての業務や、商品開発、WEBコンテンツの作成を行うため

製造・パッケージの作業などは、通常業務が終わってからになります。

MM3シリーズですが、今やゼロマザーズショップの代表的なアイテムとなりました。

今日(金曜)までに月曜日から出荷できるように、一人で作業していると

なんだかすごく懐かしく思えてきて記念撮影してしまいました。

今日は23時までやったけど、数年前は一人でよく0時、1時まで

作業していたものです。

自分がデザインしたものであり、エンブレムから幾何学模様

更にはMM3(inDeep)MM3/Traumaticは、中を開けて

石やアルミテープに銅枠を貼ったりする作業もあります。

開発は大変だけど、効果が無いものは世に出したくないですし

見た目だけが良くても意味がないと思っています。

そのこだわりは強く持っています。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

岩永君がヒーラーとして独立する覚悟を決めたとき

彼をゼロマザーズに入れたときの私の覚悟の話をしました。

——————————————–

私の覚悟とは、彼に支払われるギャラは本来、私が賞与として頂けるはずのギャラを充てていること、そのほかの覚悟を話しました。

「おれの覚悟はそれだが、おまえには覚悟があって今の仕事をしているか?」と聞くと岩永君は・・・

「自分も覚悟決めて、今から独立します。」

「今からなの?来月とか何か月先からでいいよ。」

というと

「いえ、もう今からじゃないとダメなんです。覚悟決めました。」

それが岩永君の覚悟でした。今日からやるという覚悟です。

人は能力があっても覚悟が無くては成長もありません。

あと彼に贈る言葉として

「自分が知りたい事は、お金を払って来てくれるお客さんが教えてくれるから」

ということです。

この意味が分かるのはおそらく2・3年先かもしれませんが

覚悟という決意を持って挑むのですから大丈夫ではないかと思います。